採取の仕方

ローヤルゼリーとは

ローヤルゼリー(royal jelly)は、働き蜂が花粉や蜂蜜を食べ、体内で分解・合成して咽頭腺などから分泌する物質です。
女王蜂になる幼虫や女王蜂になった成虫さらには働き蜂の幼虫(孵化して3日目まで)の餌になります。
王乳とも呼ばれる見た目はとろりとした乳白色の物質で、酸味が強く蜂蜜とはまったく異なるものです。

ミツバチは、働き蜂も女王蜂も卵の段階ではメスです。
ところが、働き蜂になるミツバチは、孵化してから3日目まではワーカーゼリーと呼ばれるゼリーを食べ、4日目以降は蜂蜜と花粉を食べます。
一方、女王蜂になるミツバチは、孵化してからすぐにローヤルゼリーを食べ始め、女王蜂へと成長するのです。

遺伝子的には同じはずのミツバチのメスの卵を働き蜂と女王蜂に分化させるのは、ローヤルゼリーの不思議で神秘的な点です。
なお、ローヤルゼリーは、女王蜂になるミツバチだけが食べ続ける特別な食べ物であることから、http://xn--2ck2dtaci4ge0120ea3854c7l6c.com/にもかいてあるように
「ローヤル(国王・女王)」と呼ばれます。

ローヤルゼリーだけを食料にして成虫になった女王蜂は、働き蜂に比べて体は2~3倍の大きさまで成長しますし、40倍近くも長生きします。
また、働き蜂は卵を産むことはできませんが、女王蜂は2,000個近くの卵を毎日産み続けることができるのです。
そんなローヤルゼリーは私たち人間にとっても嬉しい効果がたくさんあります。
どのような効果があるのかはhttp://xn--2ck2dtaci4ge.tv/にかいてありますのでご覧ください。
また、自分に合った製品の選び方はhttp://xn--u9jtilezadk9he8488ea0399cuw9c.com/にかいてありますので参考にしてください。

このページの先頭へ