採取の仕方

クーラー病によいローヤルゼリーとはどのようなものですか?

食欲不振や倦怠感などの症状がある夏バテは暑さが原因と思われがちですが、クーラーによる自律神経の乱れが1番の原因にあげることができます。
気温差が大きい屋外と室内を行き来すると、自律神経に不調をきたす場合があります。
また、クーラーが効いた部屋や場所に長時間いたり何日間もいたりすると、体温を調節する機能が鈍くなってしまう場合もあります。

この場合も、やはり自律神経に不調をきたして疲労感や倦怠感といった夏バテの症状をひきおこしてしまうのです。
この症状をクーラー病とか冷房病とか呼ばれますが、正式な病名ではありません。
こうしたクーラーによる影響は、男性に比べて脂肪が多く筋肉が少ない女性の方が多いのが実態です。

筋肉が少ないと、体内でのカロリーの発熱量が少なくなります。
また、体が冷えれば皮下脂肪が多い人ほど体の中が冷えている時間が長くなり、夏バテになりやすい体になってしまうからです。
クーラー病は頭痛・倦怠感・肩こり・不眠・月経不順などの体調の異常な症状で現れます。
クーラー病の対策は、冷房の使い方・冷房対策を考えた服装・発汗運動などとともに、体内からの対策として考えられるのがローヤルゼリーの摂取です。
ローヤルゼリーに含まれている栄養素についてや、ローヤルゼリーのはたらきと改善できる症状がこちらで詳しく解説されています。

不調をきたしている自律神経を整えて体温調節機能を回復させることで、クーラー病からの回復と免疫力の強い体質への改善が期待できます。

クーラー病対策に良いとされているローヤルゼリーを摂取するにはいくつかの製品タイプからどれが良いか選ぶところから始まります。
生タイプ、粉末タイプ、調整タイプがありますので自分に合うタイプを見つけましょう。
ローヤルゼリーの相場価格や、口コミ、ランキングサイトを参考にすると良いでしょう。

このページの先頭へ